読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rascalのHS学習帳

ラスカルがHSについて学んだことを書くブログです

対コントロールの戦い方

こんにちは!rascalです :)

テンポデッキなどを使用してコントロールデッキを相手にしたとき

どういう風に戦えばいいのかが分からない人はけっこう多いのではないでしょうか。

そこで、対コントロールのrascal流のコツを書いてみたいと思います!

 

対コントロールにおいて重要なことは大きく分けて3つあると思っています。

1.相手の除去手段を把握する

これは相手のデッキに何の除去スペルが入っていて、それがあと何枚残ってるかを

試合中に数えておくということです。

実際のデッキを例に主な除去スペルを挙げてみます。

VS コントロールウォリアー

乱闘 止めの一撃 シールドスラム 各2枚 (報復が1枚入っている場合もある)

f:id:rascal1:20160908213656p:plainf:id:rascal1:20160908213714p:plainf:id:rascal1:20160908213728p:plainf:id:rascal1:20160908213723p:plain

VSンゾスパラ

火霊術師 聖別 平等 各2枚 (これらは平等と2枚で組み合わせて使われることが多い)

f:id:rascal1:20160908213735p:plainf:id:rascal1:20160908213700p:plainf:id:rascal1:20160908213712p:plain

VSレノロック

悪魔の憤怒 地獄の炎 影の炎 捻じれし冥界 シャドウボルト 魂抽出 各1枚

f:id:rascal1:20160908213732p:plainf:id:rascal1:20160908213726p:plainf:id:rascal1:20160908213716p:plainf:id:rascal1:20160908213704p:plain

f:id:rascal1:20160908213724p:plainf:id:rascal1:20160908213730p:plain

VSコントロールシャーマン

ライトニングストーム 精霊崩壊 呪術 各2枚

f:id:rascal1:20160908213707p:plainf:id:rascal1:20160908213718p:plainf:id:rascal1:20160908214651p:plain

特に相手のAOEを把握することが重要です。

これらのデッキと戦う際には最低限これらの残り枚数は覚えておきましょう。

 

2.相手に除去を切らせる

勝負を決めるまでに除去をされないということはありえません。

なので、ある程度は相手に除去を使わせる必要があります。

特にAoEは1枚のカードでこちらの何枚ものカードを消費させられてしまうので、

相手のAoEによる被害を減らすことが重要です。

そのため、

  • 手札にあるミニオンを温存する(場にミニオンを展開しすぎない)
  • 相手がAOEを使いたくなる盤面を作る

この2点を同時に満たすということを意識する必要があります。

言葉で表現するのはかなり難しいですが、相手のAOEでちょうど除去できるミニオンが3体くらい並ぶと使ってくれることが多いです。

相手の様子を見ながら少しずつミニオンを増やしていくのがいいでしょう。

実戦でこの感覚は磨いてください。意識しながらHSをやれば分かってくるはずです。

 

また、本命の生かしたいミニオンの前に、それなりに脅威のあるミニオンを出すことで

単体除去を本命のミニオンに打たせないということも重要です。

 

3.相手が対処しづらい行動をとる

ここまでの話で相手はAOEをはじめとした数枚の除去を使っているとします。

相手の残りの除去で対処しづらい行動をとることで、相手はミニオンの除去ができなかったり、苦しい除去をしてきて、こちらが試合を有利に進めることができます。

例えば、

VSレノロックで、相手の残りのAOEが影の炎地獄の炎の場合

相手のミニオンを処理して影の炎を打ちづらくするヘルス4以上のミニオンを並べると試合を有利に運ぶことができます。

 

VSコントロールウォリアーで、相手がシールドスラムをまだ使っていない場合

シールドスラムを使いづらくするために、相手のアーマーをはがすプレイがいいです。

 

このように相手の残りの除去カードを把握しておけば、自分がどうプレイすべきかが

見えてくるはずです。

 

さいごに

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

レジェンドを目指している人などがあともう一歩上達する助けになれば幸いです。